• 0120-432-638
  • お問い合わせ

ブログ

  • HOME
  • >
  • ブログ
  • >
  • オーダーキッチンの作業は工場だけじゃないんです。

2019.11.08

オーダーキッチンの作業は工場だけじゃないんです。

こんにちは。

 

奈良県桜井市でオーダーキッチンや家具の製作、販売をしている

「つくる」家具ショップ 島家具製作所のおみせスタッフ 山田です。

 

 

 

 

ブログで工場スタッフがキッチン製作の工程を紹介してくれていますが

キッチンは工場でキャビネットが組みあがって完成ではありません。

以前のブログでも書きましたがキッチンはこの工場で作られた複数の『箱』と

ワークトップ、ビルトイン機器の集合体なのです。

 

工場で丁寧に作られたキャビネット(箱)は、完成後に他のパーツと一緒に

現場へと出荷されていきます。

そして現場でも同じようにキッチンの製作(取付け)作業があるのです。

『工場』と『現場』とこの2か所での作業をしてオーダーキッチンは完成します。

 

 

先日オーダーキッチンの施工に行ってきたのでその様子をご紹介します。

現場にトラック到着!

その時のキッチンのプランサイズによってトラックの大きさは変わります。

物量や現場周辺の状況によりトラックや搬入方法を決めています。

 

 

 

 

今回はキッチンの設置場所が2階なので、クレーンで2階入り口まで吊り上げます。

搬入作業はだいたい1時間ほどです。

 

 

 

 

現場内にキッチンキャビネットが運び込まれました!

まずは、必要なものがすべてそろっているか確認です。

確認しながらキャビネットの梱包をといて施工の準備もします。

 

 

 

 

壁面に並んでいるのは開梱し取り外された引き出しや扉です。

施工の際には邪魔になるので、すべて一旦取り外します。

作業に影響のない場所で傷が付かないように丁寧に置きます。

 

画像左したに数本立ち上がっているのは、給排水管と電気コードです。

この周辺にキッチンが設置されます。

そして画像右横に移っているグリーンの機械で現場のレベル出しをし、

正確にキッチンの設置位置を決定します。

 

 

 

 

位置決めが出来たらキャビネットを並べていくのですが、

先ほどの画像にあった給排水管をキャビネットに納める為に

キャビネットに穴あけ加工をします。

位置や数はその時のキッチンによって変わるので、現場で採寸し加工します。

 

 

 

 

穴あけなど設置に必要な加工をしながらキャビネットを並べていきます。

 

 

 

 

施工方法や現場の状況により配管の穴あけ以外にも

現地でパーツに加工を施すことがあります。

こちらはバックパネルをサイズカットしています。

 

 

 

 

キャビネットに電源コードを引き込んだり、取付けに必要な部材など

順番に必要な作業を行っていきます。

間違うとその加工をする為にせっかく並べたキャビネットやパーツを

外さないといけなくなることもあるので、慎重に作業をしていきます。

 

 

 

 

今回のキッチの特別なパーツはキッチンから飛び出しているアングルです。

これはワークトップがキャビネットよりせり出すので補強と固定の為に取り付けています。

このLアングルはこういったパーツがあるのではなく、こちらのキッチンに合わせて製作しました。

ワークトップサイズに合わせてそれぞれの長さを変えてあります。

 

 

 

 

Lアングルとパネルの取付が完了しました。

ここにワークトップを乗せます。

W3000×D1100の大きなワークトップです。

 

 

 

 

はい!ワークトップが乗りました!\(^O^)/

キッチンの天板にはシンクが取り付けられているので、

シンクが入るキャビネット位置を確認しながらおいていきます。

今回はなかなかきわどい寸法で設計をしたので、少し大変そうでした。

慎重に作業いただきありがとうございます。

 

 

 

 

キャビネットとのチリや、金具とのフィットなど細かい部分をチェック。

きっちりと位置決めが出来たら固定をします。

ワークトップがセットされるとキッチンの雰囲気が出てきますよね!

ここからはどんどんキッチンらしくなっていきますよ。

 

 

 

 

ワークトップが乗せられるとビルトイン機器をセットしていきます。

写真はフードを取り付けている場面です。

今回はアイランドキッチンなので、天井から吊り下げタイプのフードです。

この後、IHヒーター、食器洗い機、水栓金具と順に取り付けられました。

機器が入るともう見ただけでキッチンです。

 

 

 

 

施工の最後の方でも切り作業があります。

これはキャビネット下の『巾木』をサイズカットしています。

床の状況などで高さが少し変わる場合もあるので調整する事がほとんどです。

 

 

 

 

キャビネット、ワークトップ、ビルトイン機器、そして加工が必要な

建築との納まり部材の作業が終わるといよいよクライマックスです。

シンクのトラップを取り付けたり設備回りを整えます。

これはシンク下キャビネットの内部です。

右横から伸びているホースは食器洗い機の給水管と排水管です。

海外メーカーの食器洗い機は機械の左右どちらかのキャビネット内で

配管接続をするので、横のシンクユニット内に引き込んでいます。

 

 

 

 

作業開始時に取り外した引出しや扉を再度セットします。

この時に棚板もセットして扉の目地合わせをします。

他にはタオルバーやハンドルがあればハンドルを取り付けます。

 

 

 

 

施工完了したキッチン。

アイランドキッチンとバックセットカウンター。

 

 

 

キャビネットよりぐっとせり出したワークトップ。

これを支える為に大きなアングルを特注しました。

配膳スペースとしてはもちろんですが、ハイスツールを設置して

ここで食事を楽しむ事も出来ます。

 

 

 

 

バックセットカウンター。

今回は移動出来るようにと、壁面に固定はせずに置き家具としています。

固定するか移動できるようにしておくのかもご要望をお伺い出来ます。

 

 

 

今回の現場は1日で施工完了しました。

施工日程はキッチンの規模や現場により様々です。

続けて数日工事をしたり、何日か間をあけて納品したり。。。

現場事に状況は変わるのでその都度お打ち合わせをさせていただいています。

 

おみせでお客様とのお打ち合わせ後は島家具製作所の工場スタッフと

そして建築施工をされている業者様とお打ち合わせをし施工日を迎えます。

現場では取り付けの職人さんと施工方法の打ち合わせをします。

それに沿って施工をしてくださり、お客様だけのキッチンは完成いたします。

お客様のご要望、思いをしっかりと受け止め、それぞれの場に伝える役割を

島家具製作所のおみせは担っています。

ざっとご紹介しましたが現場でのキッチン製作の様子でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

オーダーキッチンにご興味のある方、こんな事は出来るのかな?といった疑問をお持ちの方

どんな小さな事でも結構ですので気になることがあれば下記までお問合せください。

 

★気になったらこちらへお電話↓

 フリーダイヤル 0120-432-638 

受付け時間/金曜日から火曜日までの10:00~18:00 (定休日/水曜日・木曜日)

ご質問やご相談がございましたら、お気軽にお問合せください。

 

★おみせへご来店希望の方はお電話にてご予約をお願いいたします。

島家具製作所のおみせ

住所 〒633-0068 奈良県桜井市東新堂513-1

TEL 0120-432-638

営業時間 10:00~18:00 (定休日/水曜日・木曜日)

おみせの詳しい情報はこちら→https://shimakagu.com/shop

 

ホームページはこちらのページをご覧ください。

オーダーしよう

オーダーのステップ

オーダーキッチン納品事例

オーダー家具納品事例

 

最近のエントリー

アーカイブ

  •  

    • 2019 (25)
  • アーカイブ

  •  

    • 2019 (25)
  • シンプルな作業だけど